屋根工事

屋根は雨や風、紫外線といった自然現象に長い間さらされ、劣化することで破損やズレ、塗膜の剥がれといった症状が現れます。

屋根材には、日本瓦やセメント瓦、スレート、ガルバリウム鋼板など、さまざまな種類があり、その耐久性も10年から数十年と素材によりさまざまです。
しかし、いずれもいつかはメンテナンスが必要になる時期が来ます。
その時、使用している屋根材と劣化状況に応じた屋根工事が必要になります。

 

屋根の種類と特徴

■和瓦
火や突風に負けない強度と塗り替えを必要としない高いメンテナンス性が特徴です。
最近、和モダンの人気が高まっているため、和瓦の需要も増えています。

■洋瓦
和瓦と同じ特徴を持つ、長方形の洋風様式の瓦です。
屋根材の中では最も高価ですが、その分高い耐久性とデザイン性を誇ります。

■スレート屋根
セメントと繊維を混ぜて成型されたもので、現在最もシェアを伸ばしている屋根材です。
加工しやすく軽量ですので、多くの新興住宅で採用されています。

■金属屋根
金属の板を屋根の形状に合わせて加工して作られる屋根材です。
軽くて加工しやすいためバリエーションも豊富で、建物の用途やご予算に応じて選ぶことができます。

一覧ページに戻る