外壁塗装・防水工事

外壁や屋根のほとんどに塗装や防水加工が施されており、紫外線や風雨などの自然現象から建物を守っています。

しかし、塗装や防水加工が劣化し、そのままの状態にしていると、最悪の場合には建物の改修や建て替えといった大規模な工事が必要になることもあります。

 

防水工事の種類

■ウレタン防水
複雑な形状でも簡単に施工できるのが特徴です。
また短い工期で完了できるため、コストパフォーマンスにも優れています。

■シート防水(ゴム)
軽量で柔軟性を持つ防水シートを使って防水膜を形成します。

■シート防水(塩ビ)
下地の撤去を必要としないため、改修工事でよく採用されています。

■FRP防水
ガラス繊維などの補強材を混ぜたプラスチックを使います。
耐水性や強度に優れている特徴を持っています。

 

外壁塗装のタイミング

■チョーキング現象
外壁が紫外線や風雨にさらされて塗料が劣化することで起こります。
手で触った時に白い粉が付きます。

■ひび割れ
ひび割れの幅が0.3mm以上ある場合は雨漏りの危険性があるため、早急なメンテナンスが必要です。

■塗膜の剥がれ
施工不良によるものが大半を占める症状です。
雨水が外壁内部に侵入することで起こります。

一覧ページに戻る